FC2ブログ

こども環境フォーラムスタッフブログ

公益社団法人こども環境フォーラムからのメッセージを綴ります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ボランティア参加

東北に滞在中にできる限り被災地へのお手伝いをしたいと思っていましたのでボランティアに参加へ。
どこに行くのがよいのか悩んでいた所、兵庫県のボランティアセンターの方から気仙沼や石巻にはたくさんのボランティアが集中しているので亘理町に行って欲しいとお聞きして亘理町のボランティアセンターへ向かいました。
110508_1338~01
ゴールデンウィークなのでここでも150名くらいのボランティア希望者がいました。
ボランティアセンターには感謝のメッセージもありました。
110508_1332~02

私たちはおうちのお掃除へ6名で向かう事に
到着したお宅は津波で家の1階が浸水して台所やたんすなどすべてに泥がついてそのかたずけのお手伝いを
させて頂きました。
泥だらけになってしまった家財や食器などは洗っても洗っても乾くと土が出て来ます。
だけど思い出が詰まっていて大切なものなんですよね。
何とかまた使って頂けるように頑張ってお掃除させて頂きました。
2日目はお庭のへどろ除去です。
へどろが固まっているのをスコップで掻き出してどのう袋へ入れていくのですがこれが本当に力仕事でした。
最終的に150袋も詰まっちゃいました。
その後は別のお宅のお片づけでした。
津波で1階は水浸しで畳も全滅で玄関前には津波で流されてきた様々な物があって、それがへどろで埋まってしまっていました。
そこを掻き出してどのう袋に入れて片づけていくのですが、家のまわりにはへどろが5センチくらいたまって
いて1日ではとても片づけきれませんでした。
至るところが津波による漂流物とへどろによって埋め尽くされています。
そしてその中でも不便な中、生活されている方やそんな状態でご自身の家にも戻れない。
中には遠慮してボランティアをたのまず我慢している方もたくさんいらっしゃいます。
本当に被害の範囲がとてつも無く広くて膨大です。
ゴールデンウィークの最終日は150名いたボランティアの方も40名ほどになっていました。
けれどまだまだマンパワーが必要です。
長く支援を続けて行く事が1番必要だと感じました。
片付かない状況では心が全く晴れないし元気も出ないと思いますし、ご自身の家の変わり果てた姿を見て
なかなか片づける元気が出ないと思います。
だからこそボランティアの1人1人の力が必要です。
16年前の阪神淡路大震災で多くの方に御支援頂いて今元気に生活できている事を今一度思いだして
出来る限り出掛けてお手伝いをしたいと思います。
皆さんも出掛けて直接お手伝いできなくても義援金や東北の経済の為に東北産のものを消費するなど
出来るご支援を長く続けて頂きたいと思います。
そして今回特に感じた事は刻一刻とニーズが変化しているという事です。
まずはニーズをお聞きして行動する大切さを感じました。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<大阪~奈良~京都 | こども環境フォーラムスタッフブログ | こどもたちの笑顔>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| こども環境フォーラムスタッフブログ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。